静岡県・静岡市・葵区 内科 消化器内科 リハビリテーション科 往診 在宅診療 八木医院

文字サイズ
普
大

RSS

子宮頸癌予防のために(ワクチンについて)

このページを印刷する

子宮頸癌とは

子宮1_R1

 

子宮2_R1

発症数と死亡数

子宮3_R1

 

子宮4_R1

 

子宮5_R1

HPV感染

子宮6_R1

症状とワクチン

子宮7_R1

 

子宮8_R1

 

子宮頸がん予防ワクチンは100%子宮頸がんを予防できるわけではありません。

 

子宮頸がん予防ワクチンを接種してもワクチンに含まれる

 HPV以外のHPV感染およびこれらによる病変発症の予防は

 期待できません。

 

接種前に感染しているHPVを排除したり、すでに生じた

 病変の進行予防効果は期待できません。

 

ワクチンの有効性が示されている期間は限定されて

 います。

 追加接種が必要になるかどうか明確な判断基準は

 設定されていません。

 

 

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)

子宮10_R1

感染経路

               HPVの感染経路

 

性的接触

 性交渉、口と性器

 ・コンドームを適切に使用しても完全には感染を防御できない

 

母子感染

 出産時に母体から新生児へ感染する

 報告はHPV6,11型に多い

関連疾患

子宮11_R1

 

子宮12_R1

予防・副反応について

子宮14_R1

子宮15_R1

 

子宮16_R1

 

子宮17_R1

 

•ワクチン接種(サーバリックス・ガーダシル)により、
 子宮頸癌を予防しましょう。
•なるべく早期から予防したほうがよいので、
 早めの接種をお勧めします。
•20~40代でも結婚していてもしていなくても、
 感染していなければ予防できますのでワクチン接種を
 お勧めします。
•静岡市民の中高生は公費負担(無料)になるケース
 (中学1年~高校2年9月まで)があります。
 (毎年違いますので問い合わせをしてください)
•対象外の方でも1回15000円計3回45000円(消費税込み)
 となります。
 
詳しくは「もっと守ろう.jp」をご覧ください
468x60_banner
 

このページの先頭へ