千葉県・流山市・柏市・松戸市・三郷市・野田市・動物病院・犬・猫・トリミング・ペットホテル

文字サイズ
普
大

RSS

予防について

このページを印刷する

予防接種

正しい時期にワクチン接種をする事で予防できる数々の伝染病があります。

 

ワンちゃんの予防接種

 

感染症から身を守り、健康を維持するために重要なワンちゃんのワクチンには、混合ワクチンと狂犬病ワクチンがあります。当院では、混合ワクチンに関しては、生後6~8週頃に1回目、その後約1カ月間隔で2回接種し、成犬になっても定期的に追加接種を行う事を推奨しております。狂犬病に関しては、狂犬病予防法により年1回の接種が義務付けられております。

共に自身のワンちゃんを守るためだけではなく、大切なお友達のワンちゃん達を守る為にも徹底してあげてください。集団防疫という概念です。

とはいえ・・・、予防費用がある程度かかってしまうのも事実ですし、その子によっては体に合わないことがあるかもしれません。

ですので、集団防疫という概念を再考し、両ワクチン接種の必要性をご家族皆様でご検討頂ければ幸甚です。

うちの子はもちろん、みんなが幸せでありますように。

 

 

 

ネコちゃんの予防接種

仔猫も母親から貰った免疫が減少してくると伝染病にかかる危険性が高まります。ワクチン接種をする時期としては、様々なデータがございますが、当院では、生後6~9週頃に1回目、その後3週間後に2回目、成猫になっても定期的に追加接種を行う事を推奨しております。

 

ネコちゃん、ワンちゃん共に、稀に接種ワクチンに対するアレルギー反応が起きる事があります。万が一そのような症状が出た場合でもスムーズに対応できるように、午前中のワクチン接種を推奨いたします。くれぐれも閉院時間ギリギリでのご来院はお避け下さい。

その他の予防

フィラリア症予防

フィラリアとは、蚊を媒介して心臓や肺動脈に住み着く寄生虫です。フィラリアに寄生された動物は次第に衰弱し、最終的には死に至ってしまう大変怖い病気です。

 

<予防方法>
投薬開始月にフィラリアの検査を行い、その後毎月1回の投薬(錠剤・おやつタイプ)で予防することができます。

現在は、吐き戻しの少ないノミ・ダニ・フィラリア予防混合剤もございます。

 

 

<当院の推奨するフィラリアの予防期間>
以前は暖かい季節(6月~10月頃)のみの予防が主流でしたが、近年の地球温暖化の影響により、蚊の生息期間が明らかに延長しているというデータが発表されております。

より確実にフィラリア症を予防するためにも、当院では4月or5月~12月の予防期間の投薬を推奨いたします。

 

 

 

当院では、12ヶ月効果のあると言われている注射薬は使用いたしません。

本当に最後までしっかり効くのか?

本当はもっと効いてて毎年繰り返すことにより蓄積性に副反応は出ないのか?

副反応が出たときに確実に対応できるのか?・・・等々の懸念が払拭されないためです。

あくまでも私見ですので、薬剤自体や使用病院様を批判するものではありません。

当院では使用しないということだけですので、注射での予防をご希望の方は実施されている動物病院様へご相談下さい。

 

 

 

 

ノミ・マダニ予防

ノミ・マダニともに気温の上昇とともに活動性が活発になります。それらの寄生により、強い皮膚炎やアレルギー症状また吸血による重度の貧血などが起こることがあります。またノミ・マダニが媒介する腸管内・住血内寄生虫も存在します。

 

<予防方法>
毎月1回、スポット式製剤の皮膚滴下もしくは食べるおやつタイプの製剤の投与を行います。共に非常に簡単な投与方法なのでご自宅での投薬も可能です。

食べるタイプのお薬は、吐き戻しの少ないタイプの製剤のみ使用しております。

 

<当院の推奨するノミ・マダニの予防期間>
当院では、フィラリア症予防の期間と同じく4・5月~12月におけるノミ・マダニ予防が主流となっておりますが、製薬会社様の見解としては、本来であれば1年中の予防が理想的だそうです。

ただし、他予防の徹底も含めますと費用も多く掛かってしまうため、生活スタイルに合わせた範囲で予防してあげてください。

当院でのホテル・トリミングご利用の場合は、出来るだけ予防の徹底を宜しくお願いいたします。

うちの子はもちろん、みんなが幸せでありますように。

 

去勢・避妊手術に関して

去勢・避妊手術は「必ず」行わなければいけない処置ではありません。

ただし、実施してあげる事で得られるメリットがたくさんあります。それとは反対に、幾つかのデメリットがあるのも事実です。

ご家族皆様でじっくりとご検討頂ければと思います。不安な事がございましたら、当院まで何なりとご相談下さい。

手術・入院時の注意

院内での感染を事前に防ぐためにも、原則として各種予防を徹底していることを条件とさせていただきます。予防が行われていない場合は、当院判断にて必要な処置をさせて頂く事もございます。

●1年以内に混合ワクチン、狂犬病ワクチン接種を行っている事。
●当院の推奨するノミ・マダニ予防策を行っている事。

高齢・重篤な持病等により予防が不完全な場合はご遠慮なくご相談ください。
うちの子はもちろん、みんなが元気でいられますように。

モバイルサイト
バーコードを読み取り、サイトにアクセスしてください。
バーコード
URLを携帯に送信
アクセスサイト
施設概観画像
〒270-0157
千葉県流山市平和台1丁目6-6 [地図]
TEL: 04-7199-7123
FAX: 04-7199-7121
駐車場あり

アクセス数:175003

このページの先頭へ