東京都・東京都・内科・生活習慣病・神経内科・小児科・在宅医療・往診・健康診断・予防接種

文字サイズ
普
大

RSS

このページを印刷する

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎流行

ノロウィルス(大部分が相当すると思われます)感染症

生食もの(二枚貝、刺身など)や、空気中のウィルスから(罹患者の嘔吐、便から空気中、接触)感染します。
2-3日の潜伏期間で感染します。
同居間の罹患者がいると、感染する場合が多いです

発熱+(咽頭症状)、吐き気・嘔吐、下痢症状がほとんどです。
2-3日は続くつらい症状ですが、合併症をおこす心配ありますので
受診をお勧めします。

脱水症、細菌感染症の合併も心配です。

基本は、食事を2-3食分止めて、イオン飲料などの水分補給をお勧めします。
過度の下痢止めは、体内へのウィルス貯留の点からもお勧めしません。
対症的に、吐き気止め、解熱剤、整腸剤を投与することが多いです

サイトURL
バーコードを読み取り、サイトにアクセスしてください。
バーコード
アクセスサイト
〒177-0051
東京都練馬区関町北2丁目26-17 1F [地図]
TEL: 03-5903-5070
駐車場なし

アクセス数:13036

このページの先頭へ