兵庫県・神戸市・肛門科・痔の日帰り手術・消化器科(胃腸科)・経鼻内視鏡検査・漢方・ジオン・内科・外科・禁煙・プラセンタ・子宮頸がんワクチン

文字サイズ
普
大

RSS

このページを印刷する

漢方薬について

漢方薬って?

みなさん漢方薬についてはどのようにお考えですか?
たとえば「副作用がなくて安全な薬」とか、あるいは逆に「漢方なんて効果ない」などと間違った情報を信じている方もいらっしゃるかも知れません。(実は医者の中にも勘違いしている人はいるんですよ。笑)

確かに私たち医者が学んできた医学は西洋医学が中心で、一部の医学部を除いて「漢方薬」についての講座はありませんでした。
実際、一部の医師の間では「何となく解かりにくい」 「不確かな感じ」や「古臭いイメージ」から「効かない」と思い込んでいる人もいます。
しかし本当は、知らないために使えなかったり、使い方を間違っていたから効かなかっただけかも知れません。
そして間違った使い方をしたり、体に合わない人には副作用を起こす可能性だってあるのです。
たとえばジギタリスという心臓の薬は古くから使われて来ましたが、これも薬草から抽出した成分であって、良い薬であると同時に劇薬でもあることはよく知られています。(以前トリカブト殺人なんて事件がありましたね)
どんな薬でも正しく使わなければ効果は望めませんし、使い方や使用量を誤れば害になることがあるのは洋の東西を問わず同じことです。
このため現在漢方薬を使っている医者のほとんどが、医学部卒業後に自ら進んで漢方医学も学ぼうとしてきた人たちなのです。

また本家である中国では漢方医は「中医」と呼ばれ、日本でいう医師の資格とは全く別のものとされているようですが、実は世界で唯一日本の医師だけが、漢方薬と一般医薬の両方とも処方することを許されているのです。
せっかく西洋医学と東洋医学の”良いとこ取り”ができる立場にいながら、敢えて一方の手段を捨ててしまうなんて、勿体ないことですよね。病気という敵と戦うのに、槍だけを持って盾を捨ててしまうようなものです。

最近になって医学部でも漢方薬の講義を行う大学が増えつつあります。
当院も漢方薬を有効な手段の一つと考え、日々研鑽を積みながら患者様の症状に合わせて適宜処方しています。
ご希望のある方も、どうぞ遠慮なく御相談ください。

当院では根拠に基づいて効果が証明され、厚生労働省が認可した漢方薬のみを使用します。
即ち十分な検証の成されていない民間療法や、成分が明記できない特殊な調合剤などは使用しません。
よって保険適用のない高価な漢方薬は扱っていません。

モバイルサイト
バーコードを読み取り、サイトにアクセスしてください。
携帯用QRコード
URLを携帯に送信
アクセスサイト
青山医院
〒658-0084
兵庫県神戸市東灘区甲南町1丁目4-18-101 [地図]
TEL: 078-452-1005
FAX: 078-452-1051
駐車場あり

アクセス数:151757

このページの先頭へ