佐賀県・杵島郡白石町・外科・消化器内科(胃腸科)・整形外科・麻酔科・漢方

文字サイズ
普
大

RSS

新型コロナウイルス

このページを印刷する

新型コロナウイルスとは

外観がコロナ(太陽の光冠)に似ていることから名付けられ、多形性でウイルスの大きさは直径80-220nm(1ナノメートルは10億分の1メートル)程度で、人細胞のおよそ165分の1髪の毛のおよそ660分の1程度の大きさしかありません。コロナウイルスの特徴の一つは、そのゲノムがDNAではなくRNAであることで、そのゲノムRNAは宿主細胞の中でそのまま伝令RNA(タンパク質に翻訳され得る塩基配列情報と構造を持ったRNA)として機能する配列構造になっており、ゲノムベースは既知のRNAウイルスでは最大です。症状は生物の種類によって異なり、鶏の場合は上気道疾患を引き起こし、牛や豚の場合は下痢を引き起こします。

コロナウイルスは、インフルエンザと同じようにいわゆる「かぜ」を引きおこすウイルスの仲間です。1960年代に発見されており、ニワトリの伝染性気管支炎ウイルスと人間のかぜ患者の鼻腔からの2つのウイルスがあります。人間に感染するコロナウイルスには6種類あり、このうち4種類は感染しても軽い風邪症状ですむものですが(2004年にHCoV NL63、2005年にHKU1など)、2003年のSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群)2012年にMERS-CoV(中東呼吸器症候群)は重症の肺炎を引き起こすことで問題になりました。2019年新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)は7番目のコロナウイルスとして同定されました。

風邪のもとになるウイルスは、200種類以上あるといわれていますが、このウイルスは、細菌よりずっと小さく電子顕微鏡でしか見ることができません。中心には遺伝の情報を持つ「核酸」があり、そのまわりはタンパク質の殻でおおわれています。このウイルスは、生きた細胞の中でしか増殖できません。

新型コロナウイルスに感染しても重症化しにくい人がいる理由の一つとして、過去に従来型のコロナウイルス(新型以外の6種類)に感染したことがある人がいて、この人は抗体が働くほか、T細胞という免疫細胞が過去の感染を記憶しており新型コロナに感染しても素早く攻撃し重症化を防ぐ作用があり、この作用は「交差免疫」と呼ばれています(抗体検査で陰性でもこのT細胞が見つかる人もいるようです、スウェーデン カロリンカス研究所、米科学雑誌「セル」、オランダ エラスムス医療センター、米ラホヤ免疫研究所など)

パンデミックとなったウイルスの比較

新型コロナウイルスの感染者数は、当初全世界で100万人程度ど予想されていましたが
9月5日現在、全世界感染者数は2.643万人、死亡者数87万人に達し致死率は約3.2%で、感染および死亡率は減少傾向にありますが、いまだ猛威をふるっています。世界マップはこちら


(日本経済新聞社より)
新型コロナウイルス感染症が確認されてから9ヵ月が過ぎようとしています。感染者数は再拡大にありますが、日本での感染拡大ペースは諸外国と比較すると緩やかで、人口10万人あたりの新規感染者数は約7人にとどまっています。これはブラジルやアメリカのおよそ20分の1の水準なので、感染拡大はかなり抑え込まれていると言えるかもしれません。
しかし、日本国内の感染者数はあっという間に60.000人以上となり、死亡者数も1.200人にせまっています。唯一、感染者のでなかった岩手県でも関東からの持ち込みで感染者がでてしまいました。➡都道府県別マップはこちら
佐賀県内でも2か月ほど感染者はありませんでしたが、緊急事態宣言解除後、東京からの感染拡大で患者数が200人に達してしまいました。➡東京都の感染動向はこちら ➡佐賀県の感染動向はこちら

日本での第1波の感染者数は、緊急事態宣言、8割人との接触を避ける、「stay home」などの策が一旦効果を表し4月10日前後を境に減少傾向にありましたが、緊急事態宣言解除後と「GoToトラベル」政策のために第2波が発生しており全国に拡大しました。 今後、「自分が感染しない・人に感染させない」と意識をもって最大限に警戒していかなければなりません。

全国と東京
(日本経済新聞社より)
「第一波」となった今春は、医療崩壊につながりかねない重症患者が急増し、重症患者比率が5%台に達しましたが、「第二波」以降の重傷者患者比率は1%台にとどまっています。
これは、感染のピークを過ぎたことと、重症化しにくい若者の感染が増えたことが理由と考えられます。
また、武漢ウイルス系統➡ヨーロッパ系統➡ヨーロッパ系統の変異(東京型?)などウイルスの変異(弱毒化?)によるものもあるかもしれません。

新型コロナウイルスはいずれは終息すると考えられますが、感染を広げているのは人間です。
一番の対策は、外出しない・人と接触しないことです。新しいワクチンと治療薬の開発が急がれます。

※ワクチンの開発が急速に進められていますが、ワクチンは人種や個人によって有効性や安全性が変わってくる場合があるので、効果に対して過度な期待は禁物です。また、予想外の副作用に十分な注意が必要です。
ワクチン

感染予防のため、次の5つのことを心がけましょう

(1)普段の健康管理 (免疫力を低下させない)
十分な睡眠とバランスの良い食事をとり、免疫力を高めて健康管理を行いましょう。
(2)手洗い (接触感染の予防)
手指にウイルスが付着したまま、眼や鼻、口などに触れると、ウイルスはそこから体内に侵入します。石けんによる手洗いで手についたウイルスは洗い流すことができます。
外出先から帰ってきたとき、食事の前、トイレの後、咳やくしゃみをして手を汚したときは意識して手を洗いましょう。
(3)咳エチケット:マスクの着用 (飛沫感染の予防)
咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。
(4)環境消毒 (接触感染の予防)
接触感染も多く報告されています。玄関やトイレのドアノブ、手すり、テーブルやいす、キーボードやスイッチ類など「手に触れる機会」の多いものや場所を消毒・清掃することが感染予防には効果的です。
(5)換気 (飛沫感染の予防)
部屋のウイルス量を下げるために、部屋の十分な換気を行いましょう。寒い時期でも、できれば日中は23時間ごとに窓やドアを開けるなど部屋の空気を新鮮に保ちましょう。

※ご家庭で使う消毒液の作成(希釈)方法
市販の塩素系漂白剤の塩素濃度(通常5~6%)を水で0.05%に薄めて使用します。具体的には、ペットボトル500mlの水に塩素系漂白剤をキャップ1杯分(通常4~5ml)を入れて希釈します。
・消毒作業には、必ず手袋を着用し、必要に応じてマスクをつけましょう。
・消毒は、消毒液を布に浸し、拭き取りましょう(清拭)。
・希釈後は効果が減っていくので、その都度使い切るようにしましょう。

「正しく恐れる」ことによって感染は防げます

コロナウイルスの感染パターンについてわかってきたこと

 感染経路 : 咳やくしゃみなどの飛沫感染手などを介してうつる接触感染のほか、密室などの場合に呼気などに含まれるマイクロ飛沫でも感染する
 症 状 : 発熱、咳、息切れ、だるさ、関節痛、頭痛、味覚や嗅覚なお異常など
 感染を広げる時期 : 発熱などの症状がでる1~3日前からウイルス量は増え感染を広げる。約4割は無症状者から
 重症化しやすい人 : 肺や心血管疾患や糖尿病、高血圧などの持病を持つ人

 ・通勤電車 : 時速70キロで走る電車内で窓を10cm開ければ空気は5~6分で入れ替わる
 ・飛行機 : エアコンの働きで約3分で機内の空気は入れ替わる
 ・屋外 : マスクを着用する、熱中症対策から距離を保てば外しても構わない
 ・オフィス : マスクを着用し隣人との距離を保つ。会議室を分けて利用する
   
     「正しく恐れる」ことによって感染は防げる              
感染経路
(日本経済新聞より改変)

・やはり3密を避けることが重要です!


コロナウイルスの感染パターンについてわかってきたこと(その2)
欧米からは新型コロナの再感染例が次々と報告されています。
新型コロナウイルスに感染発症し、いったん治ってもそれに対して抵抗力のある抗体が少ない場合は、再感染して発症することがあるようです。
再感染の場合は、重症化した報告もあるので、いったん治ったからといって安心はできません。やはり、再感染の防止策を必要とします。
その意味では、感染後に治ったとしても抗体を測定しておく必要性があるかもしれません。
➡抗体を測定したい方は当院へご連絡ください。簡単な血液検査で30分程度で結果をご説明します。

熱や咳があります、どうしたらよいでしょう。かかったなと思ったら?

発熱などのかぜ症状がある場合は、仕事や学校を休んでいただき、外出やイベントなどへの参加は控えてください。休むことはご本人のためにもなりますし、感染拡大の防止にもつながる大切な行動です。
咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他者に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
基本的に発熱などのかぜ症状について、新型コロナウイルス感染症以外の病気による場合が多いので、症状の心配があるときには、これまでと同様に、かかりつけの方は当院にご相談ください。

・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日程度続く場合
・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
・ 嗅覚・味覚異常(食べ物などのにおいや味がこれまでと違う)のある場合
・ 1か月以内に非常事態宣言地域からの移動があった場合やあった方との接触がある場合
・ そのほか新型コロナ患者さんと濃厚接触が疑われる場合

上記症状がある方は、最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」にお問い合わせください。

「濃厚接触者」とは: 「患者(確定例)」が発病した日の2日前以降に接触した者のうち

i. 世帯内接触者:「患者」と同一住所に居住する者
ii. 医療関係者など: 個人防護服を装着しなかった(正しく着用していない場合を含む)、必要な感染予防策なしで、患者の診察、処置、搬送などに直接係わった者(搬送担当者も含む)
iii. 患者の汚染物質: 体液、分泌物(唾や痰、鼻水など)、患者自身が接触した物(テーブル、いす、ドアノブ、車の座席など)に必要な感染予防策なしで接触した者
iv. その他: お互いにマスクや手袋など必要な感染予防策のない状態で、手で触れるまたは1メートル以内で対面会話する などを濃厚接触者音考えます。


「接触者確認アプリ」を活用しましょう
接触確認アプリ    


   記録される接触の条件 : 1メートル以内、15分以上の接触

接触通知があった場合は、希望者全員に無料でPCR検査を受けられる準備が進められています。

新型コロナウイルスの検査

1.白血球やCRP(炎症反応)などの血液検査
  白血球数は90%で正常~低下します(特にリンパ球数が35%以下)。初期から白血球数が上昇している場合は、コロナウイルス以外の感染症を考えます。
  CRPは、多くの場合に上昇しますが 5ng/ml程度です。あまりに高い場合は、コロナウイルス以外の感染を考えます。

2.胸部レントゲン撮影や胸部CT検査初期では下葉(肺の下のほう)優位にすりガラス陰影や斑状陰影がみられます。

.抗原検査: ウイルスのタンパク質を検出する抗原検査(ある程度のウイルス量が必要)
エスプライン SARS-CoV2
(富士レビオ株式会社)
特別な検査機器を用いずに鼻咽頭ぬぐい液に含まれる 新型コロナウイルス抗原を約 30 分で簡便に検出できます。
本キットで陽性となった場合は、新型コロナウイスに感染していると診断されます。
新型コロナウイルスに感染し症状が出て2日目から9日以内の方には保険が適応される(ウイルス量が多く、PCR検査と抗原検査結果の一致率が高い)場合がありますが、当院では自費診療となります。
この期間に、陰性であれば感染を否定できます。
無症状の方や2日目から9日以外の方には、原則適応されないため自費診療となります(約15.000円、診断書代も含みます)

コロナ抗原検査
2日目から9日以外の方や、ご心配の方は下の抗体検査と組み合わせて一緒に行うと現在の感染と過去の感染の既往がある程度判定できるようになります。
セットで行う場合は、別途下記費用がかかります。 すべて実費の場合は、15.000円+7.500円+(防備手数料2.500円)=25.000円となります。

.血液抗体検査: 血液中の新型コロナウイルスのIgM抗体とIgG抗体を検出する抗体検査


             (MBLライフサイエンスより引用)

ヒト免疫グロブリン(抗体)は大別してIgM、IgD、IgG、IgA、IgEの5種類があり、抗体のアイソタイプと呼びます。アイソタイプはH鎖によって決定されます。このH鎖の違いによって、各アイソタイプの性質や役割は大きく異なります。

IgG:血液(血漿中)に最も多い抗体で、全体の70-75%を占めます。危険因子の無毒化、白血球やマクロファージによる抗原・抗体複合体の認識に重要です。胎児には血液を介してIgGが供給され、赤ちゃんの免疫が発達するまで子供を守ります。
IgM:全体の約10%を占め、通常血液中に存在します。基本のY構造が5つ結合した格好をしています。感染微生物に対してまず最初にB細胞から産生されます。抗原の侵入に際して最初にB細胞から産生されます。
抗体の経時変化
感染初期段階(7日以内)で生成されるIgM抗体と感染後血液中に最も多く生成されるIgG抗体の2つのタイプがあり、これらを併用するとより効果的に検出することができます。
血液中の抗体を検出するためサンプル(検体)採取方法や部位の影響を受けにくいといわれています。

新型コロナウイルスのIgM抗体またはIgG抗体を検出するキットで、ジェンボディ社やKURABO(倉敷紡績株式会社)などから提供されています。

約20分程度で結果がでます。

・両方とも陰性であれば、新型コロナウイルス感染は否定的です。
・IgM抗体のみ陽性の方:初期感染が疑われPCR検査が必要と思われます。
・IgG抗体のみ陽性の方:感染の既往が疑われるので、経過観察またはPCR検査が必要です。
・両方とも陽性の方:感染が疑われるためPCR検査が必要と思われます。

あくまでも研究用としての試用で、正確に判定するにはPCR検査や抗原検査との組み合わせが有用です。

実費(保険外・税込・診断書代込)7.500円 (数に限りがあるため期間限定とさせて頂きます)

.唾液によるPCR(核酸増幅法)検査: ウイルスの遺伝子を増幅して検出するPCR検査(少量のウイルス量で検出可能)
 
「検査対象となるそのウイルスに特徴とされるRNA遺伝子配列」を増幅させて、その存在を判断(診断)します。対象となるサンプル(検体)に含まれるウイルスの量(RNAコピー数)が、「目的のRNA配列」を増幅させるのに必要な量(検出限界のコピー数)以上あれば、増幅することができ、その存在を診断できます(陽性)。
一方、必要とされる量以下の場合、増幅できず(検出できず)、結果は、陰性となります。
つまり、PCR検査により陽性の診断ができるか?できないか?は、検体に含まれるウイルスの量(RNAコピー数)に依存することになります。

検査手順
1. 患者さんご自身で唾液(ポビドンヨード、イソジンガーグルなどでうがいはしないで下さい)
を採取します。 ➡ 当院で厳重に包装して「CRCまたはBML検査会社」に提出します。
2. 検体と遺伝子抽出試薬を混ぜてウイルスを壊して、ウイルスの遺伝子を取り出します。
3. PCR反応チューブの中で、PCR用試薬とウイルス遺伝子を混ぜる。
4. 遺伝子増幅検出装置(リアルタイムサーマルサイクラー)に反応チューブをセット、逆転写反応に続いて45サイクルのリアルタイムPCR反応を行って、ウイルス遺伝子を増幅・検出する。
5. PCR反応40サイクル以内で増幅曲線が立ち上がれば、陽性と判定される。
6. 結果は最短で翌日に判明しますが、2-3日かかることもあります。

無症状や軽症・濃厚接触などが疑われる方や、発症から9日以内あるいは症状が長引いている方などに適応されます。
自費診療で 33.000円(診断書代、税込み)となります。

検査法の違い 
検査の違い

いずれも 結果についてはわかりやすくご説明いたします。ご希望の方は、当院にお問い合わせください。 

        検査の予約・お問合せフォームはこちら

治療薬

今のところ確立された有効な治療薬はわかっていません。下記治療薬に効果が期待されますが、7月31日現在エビデンス(証拠・科学的根拠)の得られたものはありません。

1.オルベスコ(ぜんそく用の吸入ステロイド薬:シクレソニド)抗ウイルス活性を持つが、他の吸入ステロイド薬にはその効果はありません。
・レムデシビル(エボラ出血熱・抗ウイルス薬):ギリアド
2.プラケニル(マラリヤ治療薬)
3.アビガン(抗インフルエンザ薬):富士フイルム
4.カレトラ(抗HIV薬)  など

治療薬

➡治療薬やワクチンについての情報はこちら

オンライン診療

新型コロナウイルスに関するオンライン診療を行っています。

まずは、0954-65-2059 にお電話またはオンライン診療アプリ「クロン」をご利用ください。

このページの先頭へ