佐賀県・杵島郡白石町・外科・消化器内科(胃腸科)・整形外科・麻酔科・漢方

文字サイズ
普
大

RSS

生活習慣病(高コレステロール)

このページを印刷する

高コレステロール血症(脂質異常症)

コレステロールが高いと血管が弾力を失って硬くなり、傷つきやすくなります。
これを動脈硬化といい動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳卒中(梗塞や出血)になる可能性が高くなります。

脂質異常症の診断基準

動脈硬化

特にLDL(悪玉)はコレステロールを全身に運んで、血管を傷つけてしまいます。
HDL(善玉)は余分なコレステロールを肝臓に運び処分します。

 HDLとLDL

動脈硬化の起こりやすい首の血管(頸動脈)をエコー(超音波検査)で調べます。

Inked頸動脈_LI
  エコーで内膜中膜複合体の厚み(IMT)を測定します。正常は1ミリ未満で1.5ミリを超えると治療が必要です

 

 頸動脈エコー

 

治療:まずは禁煙、食事(脂肪・脂質制限)、運動療法を行います。
改善できない場合に、お薬を使用しますが、薬によって作用が異なるため患者さんの状態にあった薬が使われます。

 抗コ薬

このページの先頭へ