佐賀県・杵島郡白石町・外科・消化器内科(胃腸科)・整形外科・麻酔科・漢方

文字サイズ
普
大

RSS

過敏性腸症候群

このページを印刷する

このような症状でお悩みの方はご相談下さい。

・長期間下痢や便秘が続いている          ・お手洗いが近く通勤等に不安を感じる

・排便後はスッキリするがまた直ぐに便意を感じる  ・緊張するとお腹を下す

・休日は何ともないのに平日はお腹の調子が悪い   ・お腹の張り、腹痛が長期間続く

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは、長期間続く腹痛やお腹の不快感、繰り返される便秘や下痢が特徴である消化器系の疾患であります。過敏性腸症候群の明確な発症原因は分かっておりませんが、精神的なストレスを長い間感じ続ける事で副交感神経系に異常が生じ、便を体外に出そうとする腸管の蠕動運動が乱れる事で過敏性腸症候群が発症すると考えられています。

また近年では、過敏性腸症候群を発症する方が増加傾向にあり、過敏性腸症候群は約10人に1人の割合で発症しているとも言われています。それくらい過敏性腸症候群は身近な疾患でもあります。

過敏性腸症候群が発症すると、下痢や便秘だけでなく腹痛など様々な症状を引き起こします。長期間このような症状が続くので、日常生活にも大きく関わってきます。

〇発症原因
過敏性腸症候群の発症原因はまだ明確となっておりませんが、心理的ストレスや遺伝が過敏性腸症候群の発症に深く関わっていると考えられています。

精神的なストレスや不安が長期間続く事で、副交感神経系が活性化状態となり、排便を促す腸管の蠕動運動のリズムが崩れてしまい便通異常(下痢や便秘)を引き起こします。また、腸管の表面が過敏状態となっている事が多く、便が通過する際の腸管粘膜との接触など、ほんの少しの刺激でも腹痛に感じてしまいます。

また、脂肪分を多く含む食べ物(高脂肪食)、チョコレートやコーヒー等の過剰摂取も過敏性腸症候群の症状を悪化させると言われています。

〇よくみられる症状

過敏性腸症候群では、長期間続く下痢・便秘、排便時の痛み、腹部の張りなどの症状が良く診られ、その他でもおなら、吐き気、頭痛、全身の疲労などが挙げられます。

痛みが発症している部位や排便のパターンは、時間が経過しても変わる事はないが症状は時間の経過と共に重症化したり、軽くなったりと変わります。また、過敏性腸症候群の症状は下痢や便秘、腹痛などで比較的軽視される事が多いですが、治療せずに放置していると重大な合併症を招く事もあります。決して軽視できる疾患ではありませんので重症化させない為にも早期での治療を推奨しています。

診断方法

過敏性腸症候群の診断では、先ずは症状の問診、診察を行います。その後内視鏡検査(大腸カメラ検査)を実施して症状の発症原因を特定します。

過敏性腸症候群の診察時では「①腹痛を伴う便通異常(下痢や便秘)がある、②排便による症状改善を認める、③行動制限状態において症状増悪がある」の3つの項目全てを満たしていると過敏性腸症候群と診断されます。

また内視鏡検査(大腸カメラ検査)は腸管内を直接観察する事が出来ます。大腸カメラ検査で発症している症状が大腸がん、潰瘍性大腸炎やクローン病のような炎症性腸疾患が原因でない事を確認します。

40歳を過ぎた過敏性腸症候群患者様の中には、虫垂炎、胆嚢(たんのう)疾患、消化性潰瘍、消化器がんなどの消化器系疾患を引き起こす事もあります。そのため発症している症状が変化していないか、新たに症状が発症していないかを経過観測していく必要もあります。

治療方法

過敏性腸症候群の治療方法は、現在発症している症状によっても異なりますが、主に薬物療法とストレス軽減の2つの側面からアプローチしていきます。

・薬物療法
薬物療法では腸管の動きを調節する医薬品、腸管の過敏性を抑える医薬品、腸内細菌叢を整える医薬品の中から、現在発症している症状に合った最適な医薬品を処方します。また、過敏性腸症候群の発症にはストレスや不安などの精神面も関わっている事もあるので、睡眠薬や抗不安薬も患者様によって処方します。

・生活習慣の改善
過敏性腸症候群の発症には生活習慣も大きく関わります。特に消化の良い食べ物を摂る、脂っこい食べ物を控える、朝昼晩の3食規則正しく食事を摂るなどの食事習慣の改善が挙げられます。また、お食事以外では定期的に運動したり、しっかりと睡眠時間を取る事も大切です。


〇お問い合わせ
過敏性腸症候群は治療せずに放置していると、消化器がんや虫垂炎などの重大な消化器疾患を引き起こす事があります。発症している「お腹が痛い」「下痢」「便秘」を決して軽視しないで下さい。些細な症状でも構いませんのでお腹の不調を感じた際はお早めにご相談下さい。

このページの先頭へ