佐賀県・杵島郡白石町・外科・消化器内科(胃腸科)・整形外科・麻酔科・漢方

文字サイズ
普
大

RSS

アニサキス

このページを印刷する

以下の項目に該当する方はアニサキス症の疑いが高いです

・みぞおち(上腹部)に強い痛みを感じる

・嘔吐・ひどい吐き気を感じる

・お腹が張って苦しい

・新鮮な魚介類を食べてから急にお腹の異常(痛み)を感じる

アニサキス症とは

アニサキスとは寄生虫の一種であり、イカやサバをはじめとした魚介類の内臓に寄生しています。宿主(寄生した先の魚介類)が死亡し鮮度が落ちてしまうと内臓から筋肉の方へとアニサキスが移動します。アニサキス症は魚介類の生食が原因となって発症するので、お刺身やお寿司など新鮮な魚介類を食べる際は注意が必要です。

魚介類を食べた数時間後に腹痛や吐き気などの症状を発症された方は、アニサキス症の疑いがあります。アニサキスは人間の体内では生息する事ができず、数日程で症状は治まりますが、稀に重症化する事もあります。上記のような症状が診られる方はお早め医療機関までご相談下さい。

〇アニサキス症の感染経路
アニサキス症はアニサキスが寄生している魚介類を十分な加熱処理せずに食べる事で感染します。人間の体内に侵入したアニサキスは胃壁や腸壁を噛む事で我慢が出来ない程の辛い腹痛を発症します。魚介類を食べた後に、腹痛や嘔吐などの症状が発症した場合はお早めにご相談下さい。


〇アニサキスが原因となる疾患
アニサキス症には症状の発症部位によっていくつかの種類に分類出来ます。

・胃アニサキス症
加熱処理されていない魚介類を食べてから数時間~十数時間後に激しい腹痛や吐き気・嘔吐が発症します。一定の間隔で、腹痛を発症したり落ち着いたりと繰り返すのがアニサキス症の特徴です。

・腸アニサキス症
加熱処理されていない魚介類を食べてから半日~数日後に下腹部への痛みや胃アニサキス症と同じように嘔吐や吐き気を発症します。症状が悪化すると腸閉塞、腸穿孔(腸壁に穴が空く)や腹膜炎などの合併症を引き起こす事があります。

・アニサキスアレルギー
アニサキス症とアレルギーとの間で関連があると言われています。アニサキスに感染して全身に蕁麻疹症状、アナフィラキシーショック、血圧の低下や呼吸困難などの症状を引き起す事があります。


〇アニサキスの検査方法

・内視鏡検査
胃カメラ検査や大腸カメラ検査を行い、胃の中や腸管の中にアニサキスを直接確認します。アニサキス症の中で殆どの場合が胃アニサキス症であり、胃カメラ検査を行う事が多いです。胃カメラ検査でアニサキスを発見した際はその場でアニサキスを取り除きます。当院では眠って受けられる胃カメラ検査、鼻からの胃カメラ検査を実施しています。詳細については「胃カメラ検査ページ」を参照下さい。

内視鏡で、胃に刺さった虫体(アニサキス)を確認し、鉗子(つかむ器具)で取り除くと劇的に症状は改善します。

・エコー検査
胃カメラ検査の実施が難しい場合には腹部エコー検査を行います。ただ超音波検査ではアニサキスを取り除く事が出来ませんので、早く症状を改善させてい方は胃カメラ検査受診を推奨します。


〇アニサキスの予防方法
アニサキスが寄生している魚介類を食べない事が最も確実な予防方法ですが、それも難しい話であります。アニサキスの大きさが2~3㎝程であり目視する事も可能です。生魚を購入される際は良く見て購入して頂いたり、よく噛んでから飲み込むよう心掛けて下さい。また、生魚の内臓を食べる事は大変危険です。


〇お問い合わせ
当院ではアニサキス症の症状寛解目的で胃カメラ検査・大腸カメラ検査を行っています。アニサキス症は食後早い時間帯で腹痛を発症します。我慢が出来ない程の辛い腹痛でお困りの方は早急に当院までご相談下さい。

このページの先頭へ