神奈川県・犬・猫

文字サイズ
普
大

RSS

スマート受付のご提案

このページを印刷する

スマート受付のご提案

受付での簡単な問診やお薬の処方などにお時間をいただくことがあります。来院される際は、お時間には余裕を持ってお越しください。また、予約優先診療もおこなっています。診察までの待ち時間を短縮できます。お帰りの際に次回の診療予約をされることをおすすめします。

来院時は、言葉を話せないワンちゃん、ネコちゃんにかわって飼い主様に症状をお聞きしてから診察させていただきます。症状や経過の分かる方がお連れください。

また、予防医療や検査で来院の際は排泄を済ましてからの受付がスマートです。ネコちゃんは、獣医師、動物看護師、飼い主様のケガの防止のため爪切りを済ませて、キャリーケースや洗濯ネット等の猫袋にいれての来院をお願いしています。必要があれば診察前に爪切り(有料)をさせていただくことがあります。

いつから? どんな症状? 食欲と元気は? 普段食べているものは?

便や尿の状態、色、回数は?

初診の場合は、病気の履歴、治療の履歴、予防歴なども細かくお聞きします。もし、これまでの検査データーやお薬がお手元にありましたら、一緒にお持ちください。治療をするときの参考になり、大変助かります。

言葉を話せないワンちゃん、ネコちゃんを的確に診断するため、必要に応じて血液検査、レントゲン検査、超音波検査等をすることがあります。検査のため半日程お預かりさせていただくこともあります。また、体力が落ちてくると伝染病に罹りやすくなります。元気な時に1年に1回の混合ワクチンの接種をおすすめしています。

大切な家族の一員を丁寧に診させていただきます。できるだけスムーズな診療を心がけていますので、お待たせすることもありますが、ご協力をお願いいたします。

災害避難時に慌てないための必要な事

1 健康状態の把握。定期的な血液検査、レントゲン検査、超音波検査をおすすめします。

2 毎年の混合ワクチン接種。避難先での感染症予防に必要です。

3 ノミ・マダニ予防。

4 ワンちゃんもフィラリア予防が必要ですが、ネコちゃんもフィラリア症にかかることがあります。当院ではネコちゃんの予防薬も用意しています。

5 基本的なしつけ。無駄吠えをしない。トイレのしつけなど。

6 色々な品質の良い食事に馴らしておく。

などがあります。災害時には、私たちも大切なペットにも大きなストレスがかかります。そのような状況を乗り切るためにも、普段からの予防と健康状態を把握することがとても大切です。

モバイルサイト
バーコードを読み取り、サイトにアクセスしてください。
バーコード
URLを携帯に送信
アクセスサイト
施設概観画像
〒259-1306
神奈川県秦野市戸川452-65 [地図]
TEL: 0463-74-1120
FAX: 0463-74-1150
駐車場あり

アクセス数:65234

このページの先頭へ