静岡県・島田市・小川動物病院 島田市 動物病院 手術 放射線治療 CT エコー 内視鏡

文字サイズ
普
大

RSS

特殊治療・検査

このページを印刷する

内視鏡検査・治療

内視鏡

とても細い内視鏡スコープで胃腸などの病変の検査をします。
誤って飲み込んでしまった異物の摘出も行っています。

放射線治療

特殊治療・検査

がん組織に対して放射線を照射することで、がん組織の縮小や消失を目的とした治療方法です。
皮膚や皮下など体表近くの腫瘍、口腔内腫瘍、鼻腔内腫瘍などに対して適用されます。治療には全身麻酔が必要です。
治療回数は週1回程度の緩和治療(完治ではなく、腫瘍の規模を縮小させQOLを向上させる)と週3回程度の根治治療(腫瘍を消失させる根本的な治療)があります。治療経過により治療回数はことなります。

 

再生医療・免疫療法

CIMG0803_R CIMG0804_R

動物自身の脂肪細胞から組織の元の細胞へ分化・培養した細胞による再生医療の準備ができました。

がん患者の動物に対しての免疫治療としてCAT(リンパ球培養)、がんワクチン(樹状細胞培養)の準備ができました。

実際の治療応用を開始しました。

 

白内障手術

     白内障手術器械写真_R 白内障手術機器写真2_R
白内障

全ての白内障が手術対象となるものではありません。

より安全に、眼組織へのダメージを軽減できる、最高の機器を使用しています。

このページの先頭へ