福岡県・福岡市中央区笹丘・つのだ泌尿器科クリニック・泌尿器科・性病科・土曜日午後診察・訪問診療・往診

文字サイズ
普
大

RSS

診療内容(保険診療)

このページを印刷する

診療内容

男女問わず、赤ちゃんからご年配の方まで、多種多様の泌尿器科疾患に対応しています。
なんでもお気軽にご相談ください。

  • 膀胱炎腎盂腎炎などの尿路感染症 
  • 尿もれ(尿失禁)、頻尿夜間頻尿
  • 過活動膀胱腹圧性尿失禁膀胱瘤などの骨盤臓器脱
  • 間質性膀胱炎
  • 前立腺肥大症
  • 前立腺炎、精巣炎・精巣上体炎
  • 前立腺がん検診(PSA検査など)
  •  泌尿器のがん(前立腺がん、膀胱がん、腎臓がん、副腎がん、精巣腫瘍など )
  • 性感染症(淋病、クラミジア、ヘルペス、梅毒、カンジダ、コンジローマなど)
  • 血尿・タンパク尿の精密検査・治療(健康診断の精密検査)
  • 尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石)
  • ED(勃起障害)、早漏 
  • 男性更年期障害 (LOH症候群)
  • 男性不妊症(精液検査など)、ブライダルチェック(精液検査+性感染症検査)
  • 在宅自己導尿の指導・管理
  • 小児泌尿器疾患(夜尿症(おねしょ)、包茎、包皮炎、膀胱尿管逆流症など)
  • 包茎 などの性器のお悩み相談
  • 泌尿器疾患のセカンドオピニオン
  • 訪問診療(往診)

各疾患について詳しく知りたい方は、こちら(本院HP)


  ※ 入院・手術が必要な場合は、入院・手術設備のある本院にて治療しております。
    手術は当クリニック院長が本院で水・金曜の午後に行っています。

   コンジローマ電気凝固 ・・・ クリニックで行います。予約制、日帰り可。

   ブライダルチェック・・・検査項目によっては保険適応外(自費)になる場合があります。


   高度な検査や治療が必要な場合は、基幹病院(大学病院など)に紹介いたします。



骨盤底筋体操

簡単にできる尿もれ治療法 骨盤底筋体操

    看護師が丁寧に指導いたします!

女性の尿もれの約8割は骨盤底筋体操で改善いたします。

しかし、正しい体操の方法を知っておかないと効果が現れず、時間の無駄になってしまいます。

正しい方法を習って、尿もれのない生活を目指してみませんか!

【対象】 尿もれでお悩みの女性

【指導時間】 15分程度

詳細はお電話(092-717-7788)でお尋ねください。

間質性膀胱炎

長年、排尿に悩みを抱えておられる方、膀胱炎のような症状を繰り返している方はこの病気の可能性があるので、受診されることをお勧めします。

当院では間質性膀胱炎の診断・治療を積極的に行っています。


<間質性膀胱炎が疑われる例>

・おしっこの症状があるのに、検尿では異常がない。

・膀胱炎といわれて
抗生剤を内服したが、症状が良くならない・・・

頻尿
のお薬(抗コリン剤、β3作動薬など)を飲んでも良くならない・・・

慢性前立腺炎のお薬を長年飲んでいるのによくならない・・・・    など


【主な症状】 
   
 頻尿、尿意切迫感、残尿感
 
 
尿が溜まったときの不快感・下腹部の痛み       など


【原因】
食物のアレルギーや自己免疫が関与しているのではないかといわれています。
はっきりした原因は今のところ解明されていません。

【検査・治療】
診断のために膀胱水圧拡張という検査が必要になります。
膀胱を拡張することで治療の効果も期待できます。

膀胱水圧拡張とは?
下半身麻酔を行ったのち、膀胱内に生理食塩水を注入して拡張し、拡張したあとの膀胱粘膜の変化を観察します。
膀胱内に出血(点状・五月雨状)など特徴的な粘膜変化が出現したら間質性膀胱炎と診断されます。出血部を電気凝固することで症状の軽減につながることもあります。
麻酔下で行う検査のため本院で入院(2~3泊)のうえ行います。



前立腺肥大の内服治療

① 5α還元酵素阻害薬(デュタステリド) 商品名:アボルブ

前立腺肥大は50歳以降から現れる一種の加齢現象です。80歳代まで少しずつ肥大して頻尿や尿の勢いの低下など、排尿の症状で困る可能性が高くなります。

ボルブには前立腺を小さくする作用があります。

アボルブを数か月内服することにより、前立腺を縮小させ、徐々に排尿症状が改善します。副作用も非常に低頻度です。

下記にあてはまる方はアボルブを検討されるとよいでしょう。

  • 前立腺の薬(ハルナール、フリバス、ユリーフなど)を内服してきたが、徐々に効かなくなってきた
  • 治療として手術(TURP、HoLEP、PVPなど)を考えている方
  • 手術以外の治療を希望している方
  • 合併症があり、手術がうけられない方

アボルブについてくわしくお知りになりたい方はこちら

② PDE5阻害薬(タダラフィル) 商品名:ザルティア

 2014年に発売された、様々な効果がある新しい前立腺肥大症のお薬です。

【効果】

・前立腺、尿道、膀胱の筋肉をゆるめて、おしっこの勢いを改善

・血管をゆるめて、膀胱や前立腺の血流を改善し、頻尿を改善

・尿意の原因となる神経の活動を正常化し、おしっこが我慢しやすくなる

老化予防=アンチエージング(動脈硬化予防、男性更年期予防、ED(勃起障害)改善など

【処方できない方】

50歳以下、低血圧の方、狭心症や心筋梗塞などの心血管系疾患を有する方、など

干渉低周波 頻尿・尿失禁治療器  ウロマスター

頻尿・尿失禁治療薬の副作用で内服できない方、内服治療のみで十分な効果が得られない方などに適した治療法です。この治療自体には治療費はかかりません。
痛みなど副作用が無く、8割以上の方に改善が見られる安全で簡単な治療法です。

【適応症】 過活動膀胱・慢性膀胱炎・慢性前立腺炎・更年期症状(冷え症など)


uromaster01

治療回数は、最初の3週間は週2回程度通院していただきます。
その後は1~2週間に1回程を繰り返し行います。治療効果が現れた時点で治療終了となります。



診療時間

診療科目 泌尿器科・性感染症内科/性感染症外科
診療時間 午前 9:30~13:00 午後 14:00~18:00 (ただし土曜は17時まで)

  休診日 水曜金曜の午後(手術日)、日曜・祝日

※初診の方は診療終了時間の30分前まで受付



 
モバイルサイト
バーコードを読み取り、サイトにアクセスしてください。
バーコード
URLを携帯に送信
アクセスサイト
〒810-0034
福岡県福岡市中央区笹丘 1-10-21 (平松小児科医院跡地) [地図]
TEL: 092-717-7788
駐車場あり

アクセス数:49477

このページの先頭へ