福岡県・福岡市・整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科

文字サイズ
普
大

RSS

診療スタッフ

このページを印刷する

  • 医   師 : 平日は院長の診察、土曜日は交代で非常勤の整形外科専門医が診療を行っています。
  • 理学療法士・作業療法士 : 常勤4名、脊椎及び関節外科治療の専門の理学療法士及び作業療法士が揃っています。脊椎はマッケンジー法の資格を持った理学療法士がいます。

    

 松田 健一郎      

 日本肩関節学会準会員

 日本理学療法士協会会員

 福岡県理学療法士会会

松田上半身H29.5.25 

趣味はボディメイクで筋肉が大好きな理学療法士の松田です。

患者さんが笑顔で生活できるように全力でサポートしていきます。 

  

 

 

 

田崎 将也

 国際マッケンジー協会 日本支部会員

 日本理学療法士協会会員

 福岡県理学療法士会会員

田崎上半身H29.5.25IMG_6488 

 「私は診療の第1選択肢としてマッケンジー法を採用しています。

マッケンジー法とはニュージーランドの理学療法士ロビン・マッケンジー氏が、

自身の長年に渡る臨床経験から体系化したメソッドです。

 マッケンジー法が大事にしているのは『姿勢・動作と痛みとの関連性』です。

つまり『顔を洗う時に腰が痛い』、『うがいをする時に首が痛い』など患者さんが日々感じている

痛みの出方に丁寧に耳を傾けます。

 そして実際に力学的運動検査と呼ばれる『身体を動かして状態を確かめる。』という評価を行います。

評価の結果によって適切な治療メニューを立案し、

日常生活での注意点を患者さんと一緒に話し合います。

 『私はずっと痛いから・・・』、『骨が曲がっていると言われたので・・・』と落ち込んでいる方や

『痛くなったらマッサージに行っています』、『毎週、整骨院で電気を当てています』という

受け身の治療を漫然と続けている方、

『手術を勧められたけど他の治療も試してみたい。』という方でも一度ご相談下さい。」

 

マッケンジー法は治療者への依存ではなく

「自分で自分を守る」「自立(自律)

を目標としています。


 

 

 的野 嵩平

日本理学療法士協会会員

 福岡県理学療法士会会員

的野上半身H29.5.25IMG_6508

 理学療法士としてまだ技術も知識も至らないですが、

日々精進して、成長していきたいです。

よろしくおねがいいたします。

 

 

 

菅上半身H29.5.25IMG_6496

 

 

 

   

    
  • 放射線技師 : 常勤1名、非常勤1名

 

  • 看  護  師 : 常勤2名、非常勤2名

 

  • 事 務 受付 : 常勤4名
モバイルサイト
バーコードを読み取り、サイトにアクセスしてください。
バーコード
URLを携帯に送信
アクセスサイト
〒813-0044
福岡県福岡市東区千早4-93-2-201 (JR千早駅・西鉄千早駅より徒歩1分) [地図]
TEL: 092-663-5800
FAX: 092-663-5801
駐車場なし

アクセス数:84382

このページの先頭へ