愛知県・名古屋市・内科・消化器科・循環器科・小児科

文字サイズ
普
大

RSS

このページを印刷する

院内設備のご案内

レントゲン検査  

胸部・腹部をデジタル方式にて撮影を実施します。
骨密度測定は手のレントゲンにて測定します。

★従来のレントゲンフィルムは使用せずに医療用モニターて画像診断をしています。

★2009年3月23日に新装置刷新しました。

レントゲン画像処理装置

レントゲン撮影をした画像をコンピューター処理する装置です。
普段はフィルムレス運用を実施しておりますが、
骨密度測定は、即日・解析・診断する事が可能になりました。

★2016年3月30日に導入しました。

regius110

画像診断ワークステーション

i-pacs

胸部/腹部レントゲン・心電図・エコー・胃カメラの検査画像を、
一元管理を行い画像診断をする装置です。
フィルムレス・ペーパーレスを実施させていただいております。

★2007年8月17日から採用をしております。

胃カメラ検査(経鼻電子内視鏡)

経口内視鏡に比べ直径が約5mmと細いため嚥下反射がほとんどなく
楽に検査が行えます。2008年3月26日に経鼻内視鏡導入しました。

2015年11月13日に視野角140度の最新鋭経鼻内視鏡を

導入しました。

★2010年1月21日より従来の印画紙を使用せず医療用モニターにて画像診断をしています。

鼻から入れる内視鏡検査とは・・・

エコー検査(超音波診断)

xario100se03.jpg

 

装置はコンパクトながら19インチの大型LCDモニタで

細部まで鮮明に表示します。

頚部エコーにて動脈硬化の程度を診断します。
腹部エコーにて肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓などを診断します。

★2017年9月1日に新機種導入しました。
従来の印画紙は使用せず医療用モニターにて画像診断をしています。

尿検査(尿自動分析装置)

従来の尿検査は目視による色別判定ですが、
当院では自動判定が可能な装置を採用しております。

*2011年12月16日に新機種導入しました。

心電図検査

不整脈・虚血性心疾患などの心疾患の程度をみる際に使用します。
計測結果を自動解析が可能な心電計です。

*従来の用紙は使用せず医療用モニターにて診断をしています。

長時間心電図検査(ホルター検査)

24時間心電図をデジタル方式で記録し解析、診断します。
世界最小サイズ(30g)です。

★2009年9月24日に新機種導入しました。

肺活量計(スパイロメーター)

気管支喘息、肺気腫等の呼吸器疾患を診断して
治療に役立てます。

★2009年9月24日に導入しました。

AED(自動体外除細動器)

AED2

使用する必要が無い事が一番良いのですが、
突然の心臓発作がもし発生してしまった時に、
救命するために常時設置させていただいております。

聴力検査装置

pdf.gif

こちらから当院の検査画像ネットワーク図をダウンロード出来ます。

モバイルサイト
バーコードを読み取り、サイトにアクセスしてください。
携帯サイトQRコード
URLを携帯に送信
アクセスサイト
〒460-0024
愛知県名古屋市中区正木1-13-4  [地図]
TEL: 052-321-0660
FAX: 052-321-0664
駐車場あり

アクセス数:66856

このページの先頭へ