愛知県・半田市・内科・胃腸科・脳外科・健康診査・人間ドック・生活習慣病健診・特定健診・乳がん検診・子宮がん検診・肺がん検診

文字サイズ
普
大

RSS

特定健診・法定健診

このページを印刷する

特定健診・法定健診

特定健診(特定健康診査)とは、厚生労働省により、平成20年4月から実施が義務づけられた、内臓脂肪型肥満に着目した健康診査です。
実施の目的は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を対象に生活指導を行い、生活習慣病を予防をすることです。その背景には、生活習慣病の中でも、糖尿病、高血圧症、高脂血症等が肥満と密接な関係にあることを掲げています。 特定健診の対象者は、実施年度中に40歳~74歳になる者で、健康保険に加入している人が対象となります。(自営業者や専業主婦、被保険者の被扶養者も対象になります。)(妊婦と厚生労働大臣が定める一部のものを除く)メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)など生活習慣病のリスクが高いグループと その予備軍を抽出し、レベル分けした上での健康診断や保険指導(それぞれ特定健診、特定保険指導の義務化実施になります。
たとえば、会社で行われていた企業健診では、特定健診で決められた検査項目が企業健診に組み込まれることになる。市町村が40歳以上の住民に行っていた住民健診は廃止され、特定健診がその代わりになります。



特定健診の内容

法定健診と比較してメタボの判定基準のひとつである「腹囲」が追加されています。また、LDLコレステロールが追加され、総コレステロール量が廃止されてます。
さらに、尿潜血や血清クレアチニンも、必須項目から削除されてます。

 

対象年齢40歳から74歳の方 特定健診の内容

  1. 既往歴の調査(服薬歴、喫煙習慣も含む)
  2. 自覚症状、他覚症状
  3. 身長、体重、腹囲
  4. BMI
  5. 血圧
  6. GOT、GPT、γ-GTP
  7. 中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
  8. 血糖
  9. 尿糖、尿蛋白
  10. 医師が必要と認めたときは、心電図検査、貧血検査など

腹囲(ウエスト回り)が基準値を超えていたり、肥満がある場合は、血糖値、中性脂肪やコレステロール値、血圧、喫煙の有無によって、生活習慣病のリスクを判定します。

 

生活習慣病のリスクによって、2段階の保健指導が義務づけられます。

 

異常値の数によって生活習慣病のリスクを判定し、動機づけ支援や積極的支援という保健指導を行い、生活習慣の改善を行います。



法定健診

法定健診内容

  • 問診・触診・身体計測(腹囲など)
  • 視力・聴力測定
  • 血圧測定
  • 尿検査
  • 便潜血反応検査
  • 血液一般検査
  • 血糖検査
  • 尿酸検査
  • 血液脂質検査
  • 肝機能検査
  • 胸部レントゲン検査
  • 胃部レントゲン検査
  • 心電図検査 など



メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームの診断基準は、おへそ周りの腹囲と血液中の脂質や空腹時の血糖値、血圧の値を組み合わせて判断します。

腹囲男性85cm、女性90cm以上で(※腹囲が上記未満でも BMI値(ボディマス値、体格値)が25以上)

(1)血圧130/85mmHg以上。

(2)中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満。

(3)血糖110mg/dL以上。

の3項目中2項目以上該当すればメタボリックシンドロームです。
ただし、喫煙歴がある場合は(1)~(3)のうち一つでも該当していた場合は「メタボリックシンドローム」に該当します。



2つのタイプの特定指導

メタボリックシンドロームのリスク数に応じて、「動機づけ支援」「積極的支援」の2つのタイプの特定指導があります。

1)内臓脂肪型肥満(腹囲とBMIで内臓脂肪蓄積のリスクを判定します。)

A 腹囲:男性85cm以上、
女性90cm以上
B 腹囲:男性85cm未満、
女性:90cm未満
かつBMI:25以上



2)追加リスク(健診結果・質問票により追加リスクをカウントします。)

(1)血糖  空腹時血糖値100mg/dl以上 または HbA1c5.2%以上
(2)脂質  中性脂肪150mg/dl以上 または HDLコレステロール40mg/dl未満
(3)血圧  収縮期血圧130mmHg以上 または 拡張期血圧85mmHg以上
(4)喫煙歴
(1)~(3)のリスクが1つでもある場合にリスクとして追加



3)上記のリスクを踏まえて、特定指導のタイプが決定します。

内臓脂肪型肥満Aリスクが1つ
内臓脂肪型肥満Bリスクが1~2つ

動機づけ支援

◆生活習慣を振り返り、ライフスタイルにあった目標を設定し、実行に移せるようなきっかけ作りを、医師保健師等がお手伝いします。
【初回】個別面接またはグループ学習

【6ヶ月後】生活習慣改善状況などを伺います。
(電話、メール、手紙、FAX)
内臓脂肪型肥満Aでリスクが2つ以上
内臓脂肪型肥満Bリスクが3つ以上

積極的支援

◆生活習慣を振り返り、ライフスタイルにあった目標を設定し、実行を続けられるように医師保健師等が継続的に サポートいたします。
【初回】個別指導またはグループ学習

【3~6ヶ月間】個別に面談、電話、メール、手紙、FAXで継続サポート

【6ヶ月後】生活習慣改善状況などを伺います。
(電話、メール、手紙、FAX)

このページの先頭へ