愛知県・名古屋市・内科一般

文字サイズ
普
大

RSS

医院沿革

このページを印刷する

医療法人中京クリニカルの沿革

 

中京クリニカル(個人診療所として開設)

 

昭和60年7月~平成11年9月 院長 岡田 幸久(現顧問)

 

医療法人中京クリニカル(法人)

平成11年9月~現在  
平成11年9月~平成19年8月 院長兼理事長 岡田 幸久
平成19年9月~平成24年12月 院長兼理事長 中村 了
平成25年1月~ 院長兼理事長 小森 拓

 

中京陸運株式会社の鷹見勲現会長(当時中京陸運株式会社代表取締役社長)と故・坂本信夫元名古屋大学第三内科名誉教授(元名古屋大学医学部附属病院院長、元中部労災病院名誉院長)が邂逅、第三内科出身の岡田幸久現顧問が初代院長(のち院長兼理事長)に就任、中京クリニカルの開設の運びとなりました。

 

また、同じく第三内科出身の井口昭久名古屋大学医学部老年科名誉教授(元名古屋大学医学部附属病院院長、現愛知淑徳大学健康医療科学部 教授)は、当クリニック創設時から当クリニックの外来診療を長年担当なされてきましたが、一般財団法人である中京長寿医療研究推進財団の理事長でもあります。

 

中京クリニカルは病院と診療所の中間に位置し、岡田幸久現顧問のもとで、これまでに存在しなかった新しい医療を展開してまいりました。特に生活習慣病の予防、そして癌などの疾病の早期発見早期治療のための予防医学としての健康診断の重要性に当初から着目し、最新の機器による正確な診断と実直なインフォームドコンセントに心血を注ぎ、平成11年からは医療法人となりました。特に名大附属病院との繋がりが深く、最新の診断・治療学に則った診療が行われています。

 

中村了前院長は、名古屋大学老年科井口教室の出身であり、岡田幸久現顧問の後を継いで二代目院長に就任、漢方治療にも精通し、日本ローカーボ(糖質制限,低炭水化物)食研究会世話人、物忘れ相談医など多彩な方面で活躍されつつ名古屋大学医学部臨床講師などを務められ、当クリニカルの現在のスタイルを確立いたしました。

 

 

モバイルサイト
バーコードを読み取り、サイトにアクセスしてください。
携帯用QRコード
URLを携帯に送信
アクセスサイト
〒456-0035
愛知県名古屋市熱田区白鳥3-6-17 [地図]
TEL: 052-671-8001
FAX: 052-682-5366
駐車場あり

アクセス数:200531

このページの先頭へ